My logbook : 屋久島方丈記 
Home > backnumber目次 > 記事  
  日誌編  ・ 偏見ご免のたわごと編  
  たわごと編: No.400  
  2017.05.01 Edgeは使いにくい_タッチ兼用コンセプトが災いか  
 
  Windows10のCreatorsUpdateが4月半ばにインストールされたので、設定を確認し必要なものは再設定して使い始めた。そして一応それ以前と変わりなく使えるようになった。以前のバージョンでは使う気もなかったのだが、今回は使う気にさせられるかとブラウザーのEdgeを試してみた。なお、私はPCをデスクトップでしか使用していない。

私の使い方は、メニューバーを表示しておいてブラウザーに対ししたいことをすぐ指定できるようにする。お気に入りは左にサイドバーを常時表示しておき必要な閲覧先を順次指定しながら見て行く。お気に入りはフォロー必要なものを分類登録し登録フォルダーやフォルダー内での位置も簡単に変更したり、削除もしている。つまり、EdgeではIEやFirefoxで出来ることは全て同様に出来、その上での機能の強化改善が図られているということでないと使いにくくて困るのである。

私はブラウザーを自前ポータルサイトみたいにして使っているわけである。お気に入りフォルダーは20数個、各フォルダーに登録してあるのは10サイトあるとしても200以上のリンクがあって必要に応じてそれらを閲覧する。そのときどきに見たいサイトを探すときはホームボタンで検索サイトを表示してそこから探す。私はこのような使い方が一般人の使い方かと思って来たのだが、Edgeではこういう使い方がやりにくい。私にとっては実用域にないもののようなのである。

私の常用はFirefoxである。それに対応していない金融機関などのサイトはIEである。ほとんどのサイトでは対応ブラウザーにEdgeは指定されていない。従来を超えるブラウザーを目指すならサイトのブラウザーの指定が無意味になるような指定フリーなブラウザーにしてもらわないと困る。いろんなOSやソフトの存在を前提に相互にページの齟齬がないようにするにはページ作成規格を全世界統一するのがよいのではないかと思うのだが、現実はそうではないのでブラウザーがOSやソフトごとに存在する全規格を可遡性をもってカバーしてもらわないと従来のものに取って代われない。従来を超えると言うなら最終ユーザーの便利を考えればそういうシステムを設計してもらわないと困るわけである。新しいブラウザーを出して使う側がそれに対応しろでは困るのである。

補足: CreatorsUpdate所要時間
途中寝てたりしたのだが、ADSL下り約100KB/秒のわが家でダウンロードを含め約10時間はかかったようだった。


(関連記事)
屋久島方丈記・偏見ご免のたわごと編:
  No.396  Windows10PC_通信速度が遅くなる問題の解決  (2017.04.03)

. 
 
 
back
「My logbook : 屋久島方丈記」は、「 My logbook : 屋久島生活の断片」の
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 の 継続版です。
My logbook : 屋久島生活の断片」の ご案内
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 (2010.05.31までの記事)
屋久島釣り場案内
妻関連の「SpinCom」と「SpinCom Gallery」