My logbook : 屋久島方丈記 
Home > backnumber目次 > 記事
  日誌編  ・ 偏見ご免のたわごと編  
  日誌編: No.445  
  2018.01.29  ヤスデ_12月から1月にかけて  
 
 
私の思い込みかも知れないが、例年暑くなりかけた6月頃と寒くなりかけた11月頃にヤンバルトサカヤスデが多く出始めていたような気がしている。しかし寒くなる時期の今シーズンわが家ではそれが遅れて12月末近くから1月にかけて家の基礎周りで目立つようになって来た感がある。そして1月になってすぐのある朝それまで室内には出なかったヤスデが寝室に5匹いた。それを機にその日ヤスデ駆除薬剤を基礎周りに撒いた。

基礎周りの薬剤とヤスデの死骸 集めたヤスデの死骸_780gのジャムのビン

薬剤散布の翌朝、家の基礎全周で約150匹ヤスデが死んで転がっていた。そしてその翌朝も約150匹死んで転がっていた。寝室で枕元や布団の中にヤスデが出てまだ動いていたのは、今回は雨が多く降ったあとの朝だった。いままではどうだったか記憶していないのだが多く出始めるタイミングがあるようで、そのあとまた1月の中旬後半の雨が多く降ったあとの朝また寝室に4匹いた。今度もその日に薬剤を撒いた。

その翌朝、家の基礎全周で約95匹ヤスデが死んで転がっていた。そのまた翌朝は85匹だった。その翌朝は約70匹と日を追うごとに数は減っている。いままでの感じでは、薬を撒いてその直後死骸の数が多く日を追うごとに減っていくようである。そのうち雨が降るとヤスデがまた多く出るのだが、雨で薬剤が流され効き目が薄くなったところに出るので室内にまで到達するヤスデがいるのではないかと思われる。

ヤスデが当地で大量発生し始めたころには、薬を撒いても撒いても連日大量のヤスデが出て家の基礎全周の死骸の数はかなり多かった記憶があるが、町の駆除活動とか薬剤配布の効果か、わが家では今はシーズンごとにある程度出るにとどまっているような気はしている。


(関連記事)
屋久島生活の断片・日誌編:
  No.181  ヤスデのこと(3)  [2005(H17).12.05]
屋久島方丈記・日誌編:
  No.378  ヤスデの出る時期になった_完全駆除は不可能か  (2016.12.05)

.   
 
 
back
「My logbook : 屋久島方丈記」は、「 My logbook : 屋久島生活の断片」の
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 の 継続版です。
My logbook : 屋久島生活の断片」の ご案内
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 (2010.05.31までの記事)
屋久島釣り場案内
妻関連の「SpinCom」と「SpinCom Gallery」