My logbook : 屋久島方丈記 
Home > backnumber目次 > 記事  
  日誌編  ・ 偏見ご免のたわごと編  
  たわごと編: No.466
 
  2018.06.18 米朝首脳会談の報道を見ての感想  
 
  6月12日シンガポールでの米朝首脳会談のあと合意文書が交わされた。その発表内容の報道番組を見て私の最初の印象は、米朝首脳会談に向けて行われていた板門店での米朝協議は何なのよ、何を論議してたのよということである。私はアメリカの非核化・CVID要求と北朝鮮の体制保証をどう折り合いをつけ実現するかについて具体的論議をして来て、その成果確認の場としてシンガポールでの首脳会談が行われるのだと思っていたので、そういう疑問を持ったのである。

そして共同声明の内容は以下のようだったそうである。
1.米朝の新関係(双方の平和と繁栄)
2.朝鮮半島の平和的な体制保証
3.北朝鮮が板門店宣言に基づき、朝鮮半島の完全非核化に取り組む
4.米朝は戦争捕虜遺骨の回収で協力

これから私が思ったのは、いままでツィッターや機関誌や要人の談話で流されていた米朝のいわゆる対決姿勢に於ける主張・要求を主にこうであると相互に確認した内容のようだということである。そういう観点から言えば米朝首脳会談は、互いにそういう思いを持っているということを認識しあい、その理解の上でアメリカの後押しと体制保証を得ながら北朝鮮がこれからのCVIDを進めることに合意したということのようである。

具体的な内容と進め方についてはこれからの米朝協議などで進めることになるようだが、今回の主脳会談に向けた板門店での協議ではそういうことを協議する信用できる環境をどう確認するのかの方が主題だったのかも知れない。

これからの協議の進捗と両国の具体的行動が相俟ってうまく行けば、朝鮮戦争の終結、北朝鮮の完全非核化、朝鮮半島の非核化、在韓米軍の縮小・撤退、米朝国交正常化、そして北朝鮮の経済開発と繋がって行くことが想定されるが、今回の米朝首脳会談の成果は、その道の入り口に一緒に集まることが出来たのだと互いに確認しあったということであって、具体的にはこれからを待てということのようである。さてこれから実現されるとなればその具体的成果や如何。


(関連記事)
屋久島方丈記・偏見ご免のたわごと編:
  No.460  北朝鮮問題の行方_日本の備えは如何  (2018.05.07)
屋久島生活の断片・偏見ご免のたわごと編:
  No.317  核廃絶のこと  [2009(H21).08.20]
. 
 
 
back
「My logbook : 屋久島方丈記」は、「 My logbook : 屋久島生活の断片」の
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 の 継続版です。
My logbook : 屋久島生活の断片」の ご案内
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 (2010.05.31までの記事)
屋久島釣り場案内
妻関連の「SpinCom」と「SpinCom Gallery」