My logbook : 屋久島方丈記 
Home > backnumber目次 > 記事  
  日誌編  ・ 偏見ご免のたわごと編  
  たわごと編: No.482
 
  2018.10.01 高齢になって何となく不調や痛みに悩むこと多し  
 
  かなり以前から加齢のなせる業か、逆流性食道炎か胃もたれか胃部付近が不快である。またときどき喉に違和感があり鼻だれもある。また腰、肩、脇腹、胸、腹、脛、首、顎や歯、手首など身体のいたるところ痛くなる。

何ヶ月か前にかなり腰が痛くなって、食事の間椅子に座ってそのあと立つと腰を曲げていないとしばらく痛くてしようがなく、ちゃんと身体を伸ばせるようになっても腰の痛みは常に残っているような状況になった。そういうときに新聞で「驚くほど腰がよくなる!たった10秒の腰トレ(滝澤幸一著・SB新書)」という筋膜リリースを奨める本の広告を見て、筋膜リリースが有効かもしれないと早速その本を購入した。

その本によれば、腰痛(非特異的腰痛)の9割はお尻に原因がある。お尻をゆるめれば腰痛の9割は治る。慢性的腰痛の多くは筋肉と筋膜に起因する筋・筋膜性腰痛と考えられている。お尻の筋肉は筋膜を通じて常に連動しているので、お尻全体の筋肉の固さから骨盤・腰椎・股関節の異常が起こるとそれが腰の筋肉と筋膜の痛みとなって腰痛をもたらす。その発生源はお尻の筋肉と筋膜の索状硬結(トリガーポイント)だが、これはストレッチやマッサージでは取り除けない。有効な方法は筋膜リリースで、1回10秒から始められ、2週間ほどで効果が出て来るということである。

私は家にあった硬めの高反発素材の首当てを尻っぺたに当て体重をかけ痛く沈み込む感じのするところに10秒くらい体重をかけることを一日何回か左右の尻っぺたでやってみた。本の言う通り2週間ほどの間に痛みは軽減された。いまは痛いなと気になるときにやって痛みを軽減している。

また、8月の初めには左奥歯が突然ものを噛むと痛くなってしまった。歯医者に行ったのだが、歯に異常はないということである。かみ合わせが原因かとマウスピースを作ってくれた。家に帰ってからネットで調べたら顎関節症のようである。鼻の病気や心臓の病気でもそういう症状が出るというようなことが書いてあった。心臓は高血圧症で二ヶ月ごとに通院しているので悪くなったとは思えない。そこで耳鼻科を受診してみたのだがこれも異常なしだった。いまは多分EWIの練習しすぎが原因かもしれないと思っている。

そのあと、これも新聞でだが、「つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい(堀田修著・あさ出版)」という本の広告を見た。その症状に顎関節症というのもあったので、すぐ購入してみた。本書は以下のような不調に悩んでいる人のため本で、その不調のおおもとは共通していて慢性上咽頭炎の可能性がある。おおかたはそれを治せば不調は治る。方法としては医者による上咽頭擦過療法だが、自分でやる方法としては上咽頭洗浄や鼻うがいを奨めている。

列挙されている慢性上咽頭炎による不調や症状
「  」は私が多少なりと思い当たるもの)
頭痛(片頭痛・緊張型頭痛)、起立性調節障害、「首こり・肩こり」、全身倦怠感・慢性疲労感、「後鼻漏」、嗄声(声枯れ)、慢性咳嗽(せき喘息)、「咽頭違和感」(のどが詰まった感じ)、「顎関節障害」、めまい(ふわふわ感)、不眠、上背部重苦感、羞明(光が眩しい)、「鼻閉」(鼻づまり)、花粉症、慢性痰、「咽頭痛」、「全身痛」、「多歯痛」、「舌痛」、「過敏性腸症候群」(下痢・便秘・腹痛)、思考力・記憶力・集中力の低下、うつ、月経異常、Iga腎症、胸肋鎖骨過形成、関節炎、慢性湿疹、「機能性胃腸障害」(胃もたれ)、「しびれ」、「不安障害」、「むずむず脚症候群」、微熱、ネフローゼ症候群、掌蹠膿疱症、炎症性腸疾患

上記の症状の中には顎関節症を調べたときにそれが原因と見られる症状として挙げられていた以下の症状と通じるものがある。
「  」は私が多少なりと思い当たるもの)
・「頭痛」、「首や肩・背中の痛み」、「腰痛」、
 「肩こりなどの全身におよぶ痛み
・めまい、「耳鳴り」、「耳がつまった感じ」、難聴
・眼のつかれ、充血、涙が出る
・「鼻の症状」(鼻がつまった感じがする)
・顎が安定しない、噛み合わせがうまくできない
・「歯の痛み」、「舌の痛み」、味覚の異常、口が渇くような気がする
・嚥下困難、呼吸困難、「四肢のしびれ」等が起こる場合もある

そこでいま私は上咽頭洗浄を試み始めたところである。何となくの不調は医者に行ってもなかなか原因追及は難しい。自己診断で健康エクササイズでもするように害のないようなことをやってみようかということである。

補足: 
生理食塩水スプレーで上咽頭洗浄
私はよくなんかの薬剤や添加物で体調不良になるので、単純に生理食塩水だけで上咽頭洗浄してみようと生理食塩水を探したらコンタクトレンズ洗浄関連のものしかドラッグストアにない。それを飲み込んでしまっても大丈夫なのか情報がないので、混じり物がなさそうなベビー用生理食塩水スプレーを購入して9月24日から使用開始した。スプレーすると喉の方へ垂れて来る感じがするので上咽頭に作用はしていると思われる。本によれば、症状によるが上咽頭擦過療法で効果がすぐ出た人もいれば2ヶ月くらいで出た人もいるようなので、この上咽頭洗浄で効果がいつ出るかと期待しながら様子を見ているところである。


(関連記事)
屋久島方丈記・偏見ご免のたわごと編:
  No.462  自己流健康エクササイズ  (2018.05.21)

屋久島方丈記・日誌編:
  No.483  ハーモニカからEWIへそして顎関節症  (2018.10.08)
. 
 
 
back
「My logbook : 屋久島方丈記」は、「 My logbook : 屋久島生活の断片」の
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 の 継続版です。
My logbook : 屋久島生活の断片」の ご案内
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 (2010.05.31までの記事)
屋久島釣り場案内
妻関連の「SpinCom」と「SpinCom Gallery」