My logbook : 屋久島方丈記 
Home > backnumber目次 > 記事  
  日誌編  ・ 偏見ご免のたわごと編  
  たわごと編: No.495
 
  2018.12.24 離島ではEVよりHVか_屁理屈をこねる  
 
  いま乗っている車は、エンジンが発電のためだけについていて駆動にはモーターを使用するので、シリーズ方式のHV(ハイブリッド車)に分類されるようである。シリーズ方式のHVはエンジンで走行はしないのでEVの一方式のような気もする。

私はいままではガソリンエンジン車で十分と思っていたのだが、妻が安全ブレーキやアラウンドビューモニターなどのついた安全車に替えてほしいと言うのを機に、電子制御の車にするならいっそモーター駆動だけで走るEVのような車にした方がシンプルだと思った。だが、EV(電気自動車)すなわち電池だけ搭載してモーター駆動で走る車だけになったら充電電力供給のための発電設備の規模と停電が問題にならないかと以前からEVに疑問を持っていた。

HVについては、シリーズ方式以外のパラレル方式、シリーズ・パラレル方式は多分エンジン駆動での走行もするようなので、モーター駆動だけで走る車ではない。PHV(プラグインハイブリッド車)も電池をEVのように外部から充電することができるからそう分類されているのだが、HVでいうシリーズ方式ではないとすればモーター駆動だけで走る車ではない。そして外部から充電ということでEVのような電力供給体制の問題も気になる。ということで、シリーズ方式以外のHVはモーター駆動だけで走る車ではなさそうである。

またFCV(燃料セル車)は水素と酸素で発電しモーター駆動するので、モーター駆動だけで走るということではEVの一方式のような気もする車だが発電がエンジンによらないから別分類のようである。これは私のモーター駆動だけで走る車に乗ってみたいという思いには合うのだが、ガソリンと違って水素・酸素の供給に難がある。だから私の選択としては、ガソリンエンジンで発電しモーター駆動だけで走るシリーズ方式のHVとなっているわけである。

ところで北海道胆振東部地震の発生直後、北海道全域で停電が起きてそれが長引き人びとはスーパーやコンビニその他の店舗では現金でしか買い物ができなかった。停電による電力利用施設や設備あるいは無線インフラや充電して使用の通信機器や端末機器そして通信利用のシステム(情報・ショッピング・決済など)が機能しなくなり、停電の与える社会生活への影響やキャッシュレス社会の問題点がクローズアップされた。

もし電力事情や通信事情がよい方ではない離島の当地で長期間そういう機能停止状態になるような大災害が発生したとして、人手で施設や店や金融機関が稼働できる対策が用意されているとしても、私たち個人としてはそれらを利用しに行くには交通手段が必要である。交通・運搬手段は当然車ということになる。

停電で燃料は手動給油となれば、給油対象車両は制限される。個人の車がそういう制限をされるとなればその制限期間中自分の車が持ちこたえてほしい。いま乗っている車はわが家の車利用実態からは満タンにして置けば2~3ヶ月持ちこたえられる。それでも常時対応体制を維持しておくにはガソリンはこまめに給油して置く必要はある。そうしていれば毎日車で救援物資の配給を貰いに行ったりちょっとした用足しをしたりしてもひと月くらいは大丈夫そうである。モーター駆動だけで走る車でHVシリーズ方式はいわゆるEVよりは災害対応性がありそうである。


(関連記事)
屋久島方丈記・偏見ご免のたわごと編:
  No.119  電気自動車を見かけることが多くなったけれども  (2012.08.20)
  No.429  EVシフトとそのための電力  (2017.10.16)

. 
 
 
back
「My logbook : 屋久島方丈記」は、「 My logbook : 屋久島生活の断片」の
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 の 継続版です。
My logbook : 屋久島生活の断片」の ご案内
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 (2010.05.31までの記事)
屋久島釣り場案内
妻関連の「SpinCom」と「SpinCom Gallery」