My logbook : 屋久島方丈記 
Home > backnumber目次 > 記事
  日誌編  ・ 偏見ご免のたわごと編  
  日誌編: No.511  
  2019.04.08  黒い小さなアリ_理想的と謳う殺蟻剤の効果絶大  
 
 
以前もあったのだが、今年は2月あたりになってからキッチン周りにアリがよく出るようになった。黒い小さなアリである。わが家では捨てる野菜などの大きめの切れ端や剥いた皮を三角コーナーではなく別のステンレスボールに入れている。そこのリンゴの皮にその黒い小さなアリが集る。夜中に集ることが多く朝起きてみるとアリがいっぱいいたりする。

置いて数時間後のアリが集っている状況と薬剤の写真

また三角コーナーへ捨てた食べ物にもあるが集ることがある。また調理台に洗ったフライパンなどを置いておいても調理したものの名残があるのかアリが這っていることがある。多分砂糖を使用したものの場合にアリが出るようである。

以前は、出窓あたりに這っていたりしたのだが、外の基礎の縁にヤスデの駆除剤を撒いたりしている間はその薬が効いているのかあまり出ていなかったような記憶である。ときどきはキッチン周りに出たときにはアリの巣コロリを買ってきて置いたりしたのだが、いままでと同様アリはそれにあまり見向きもしない。ボールの中に置いても這っている途中に置いてもアリが集らない。

そこでネットで何か小さなアリに効くアリ退治の方法はないかと調べていたら、アリの巣コロリでは効果がなかったが「アリメツ」という殺蟻剤が黒く小さなアリに効いたという記事があった。そこで早速購入し届いたその夜アリが出始めたのを見計らって指定に従って付属のプレートに薬剤を垂らし這っているところに置いた。

夜10時ころ置いたのだが、翌朝もまだアリがいっぱい集っていたのでそのまま放置して置いた。夕方には死んだアリが何匹か薬剤に乗っかっていたが、その他のアリは見かけなくなっていた。そのあとプレートは片づけたのだが、その夜も翌日もアリは全く見当たらなくなった。ネットの記事通り効き目はすごいようである。どこにあるのか知らないが、アリは巣ごと全滅したようである。


(関連記事)
屋久島方丈記・日誌編:
  No.345  ヤスデ駆除剤でムカデも  (2016.05.16)

.   
 
 
back
「My logbook : 屋久島方丈記」は、「 My logbook : 屋久島生活の断片」の
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 の 継続版です。
My logbook : 屋久島生活の断片」の ご案内
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 (2010.05.31までの記事)
屋久島釣り場案内
妻関連の「SpinCom」と「SpinCom Gallery」