My logbook : 屋久島方丈記 
Home > backnumber目次 > 記事  
  日誌編  ・ 偏見ご免のたわごと編  
  たわごと編: No.520
 
  2019.05.22 どうしようもないことを前提に_対韓国  
 
  いわゆる徴用工裁判後の日本企業資産差し押さえ問題で韓国政府は動かないようである。私は以前慰安婦問題に関し、世界を前に約束させることで問題を蒸し返しできないようにしたら、何をして対応してもすぐまた韓国は謝罪が足りないとか難癖をつけて来る状況は終わるのではないかと思って、韓国に世界を前に宣言させることが有効ではないかと言ったことがある。

しかし、不可逆的合意を宣言してからも、いろいろ韓国政府は難癖をつけている。不可逆的合意とは、双方とも国民がいろいろ思うことはあっても、政府としては決着したこととして、その問題を蒸し返さず国家間の関係を進めることを確認したものだと、私は思っている。そうでないということは、韓国政府と約束、合意あるいは条約締結などしても、それが守られないことがあるということになる。そういう政府は統治能力あるいは指導力が弱い政府ということである。

双方国家内においてそれぞれの個人ではいろいろ思いはある。それでも政府間でそれに折り合いをつけることに合意したのなら、双方の国内のいろいろな思いによる言動についてはそれぞれの政府が国内問題として対応すべきなのだが、韓国政府にはその責任を果たす気がない、あるいは出来ないように見える。韓国政府はその弱さを隠すために問題を蒸し返したり難癖をつけている感がある。

こういう状況に対する私の印象は、どうしようもないものはどうしようもない、ということである。韓国相手に何を言ってもしてもどうにもならない。はなしを聞いてやっていても感情で動く信念の強さはどうしようもなく納まらない。孔子も言っているがどうしようもないものはどうしようもない。それを前提に対処していくしかない。期待をするから裏切られる、また惻隠の情は通じない。もうそうしているかも知れないが、韓国とは政治的にも経済的にも裏切られるあるいは敵対行動をとられることを想定して、被害最小化する手を打ちながら関係を結んでいくしかないと、日本あるいは国家や経済界は態度を決めたらどうかと思われる。


(関連記事)
屋久島方丈記・偏見ご免のたわごと編:
  No.383  慰安婦合意は韓国の日本への公開証文でもある  (2017.01.09)
  No.484  旭日旗_また韓国が難癖  (2018.10.15)
  No.508  ケリのついた過去_女性は忘れていない  (2019.03.18)
  No.523  いまの歴史戦の端緒_仕掛けたのはどっち  (2019.06.10)
屋久島方丈記・日誌編:
  No.335  非難と被害のアッピールより「これからどうする」  (2016.03.14)

. 
 
 
back
「My logbook : 屋久島方丈記」は、「 My logbook : 屋久島生活の断片」の
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 の 継続版です。
My logbook : 屋久島生活の断片」の ご案内
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 (2010.05.31までの記事)
屋久島釣り場案内
妻関連の「SpinCom」と「SpinCom Gallery」