My logbook : 屋久島方丈記 
Home > backnumber目次 > 記事  
  日誌編  ・ 偏見ご免のたわごと編  
  たわごと編: No.545
 
  2019.10.14 マイナンバーカードの普及_自分は楽になるのか  
 
  9月17日、BS日テレの「ニュースの深層」を見たのだが、マイナンバーカードの普及をテーマに向井治紀・内閣審議官、坂村健・東洋大情報連携学部長、海渡雄一弁護士が議論するものだった。番組の概要は、番組ホームページを見ると以下のようにまとめている。

向井氏は「マイナンバーカードを活用すれば、対面でなくても遠隔で本人確認が可能になる。IT社会の基盤ができることになる」と利便性を強調した。坂村氏も「行政の効率化のためにも普及は重要だ」と語った。海渡氏は「使い方を間違えると、人権侵害を生み出しかねない」と指摘したとある。

私のマイナンバーに対する認識はそれが各種社会システム同士を紐づける手段ということである。そしてマイナンバーカード利用のイメージとしては、カードを携行提示する人間はカード名義の本人に限ることにすれば、国家発行の身分証明書であり、提示により所持している人間が本人であることを確認できるというのがまずある。しかし例えばカードを紛失した場合、再交付時の本人確認は何によるのか。マイナンバーと紐づいた複数の身分証明手段が用意されている必要がありそうである。

またIT社会の基盤としてのカードということがネット利用を想定しているのであれば記載ナンバーを送信した人間がカード名義人本人であることを保証する何らかの手段が必要ではないかという疑問がある。クレジットカードのように誰でも見られるカード記載のセキュリティコードというようなわけにはいかない気がしている。

また私が現時点まででの経験しているのは、取引機関などに郵送文書でマイナンバーを申告し申し込みするケースだが、申し込み者名義とマイナンバーカードのコピーで本人確認をしているようである。なりすましは受付確認書面などを本人に書留などで郵送ですることで防止できるということのようである。

そして自分がカードを利用する場面として思い描けるのは、対面や郵送あるいはネットで何らかの手続きや申告などする場合、自分がカード名義人本人であることを確認してもらうあるいは相手が確認する目的を果たすためである。

そのあとはマイナンバーに紐づけられた本人のデータ・情報を手続きや申告などを受けた機関などが利用することになる。そしてその機関などがITを利用しその業務を効率的に実施する。その結果が利便性向上となってマイナンバーあるいはそのカードの名義人にも返って来る。それがIT社会ということらしい。私としてはまだ自分がどこの何に対してどんなやり取りをすることになるのか具体的姿が理解できていない。何となくITシステムの企画・開発・運用に係わる者が幅を利かせる社会にはなりそうな気はする。

私自身としては自分の係わるすべての必要な手続きや申告などがマイナンバーカード一枚で済めば助かるかも知れないが、本人確認後のいろいろなサービスの利用場面ではまたIDとかパスワードとかその他何らかの身分証明手段が今まで同様要求されたりすることになるかも知れない気がして、自分のやること自体が効率化され便利になる感じはまだしない。恩恵としていろいろな申請や申告や手続きなどがマイナンバーで不要あるいはワンアクションで済むようになり、自動的に必要なときに必要な申請の通知や確認の通知が来るだけで済むようになれば助かるとは思っている。

. 
 
 
back
「My logbook : 屋久島方丈記」は、「 My logbook : 屋久島生活の断片」の
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 の 継続版です。
My logbook : 屋久島生活の断片」の ご案内
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 (2010.05.31までの記事)
屋久島釣り場案内
妻関連の「SpinCom」と「SpinCom Gallery」