My logbook : 屋久島方丈記 
Home > backnumber目次 > 記事  
  日誌編  ・ 偏見ご免のたわごと編  
  たわごと編: No.552
 
  2019.11.22 訳本・反日種族主義_日本語版序文が印象的  
 
  7月に韓国で刊行されベストセラーになった「反日種族主義(李栄薫編著)」という本が文芸春秋から日本語訳されて出版されたので早速購入し読んでみた。反日事例に対する見方は、これまでに私が見聞きした本や解説記事などでほとんど知っているような内容で自分の認識とあまりずれていない。

私がこの本で印象に残ったのはまず日本語版序文である。この本は李承晩学堂が企画し刊行したということである。この学堂は李承晩の一生を再評価し彼の理念と業績を広く知らしめるために設立された機関であるということである。私は反日の起源の一端は李承晩にあると思っていたので、彼を尊崇する機関が彼の政策を批判する趣旨の本をなぜ刊行したのかというそのわけが書いてあるところが一番重要な点であると感じた。

李承晩は自由という理念を体系的に理解した最初の韓国人だった。そして韓国を自由人の国にしようとした。一方戦後日本が再び韓半島に再び足を踏み入れることを極度に警戒し、そうなることに繋がるかも知れない米国の東アジア政策に反発し、日本との葛藤を極大化した。その反日政策がいまも尾を引いている。そして李承晩学堂は彼の理念と業績を再評価する活動をするのが設立の趣旨だが、その活動には彼の残した負の遺産を克服する活動も含まれているのだそうである。その一つがこの本の刊行だということのようである。

李承晩が極大化させた反日葛藤で助長され反日種族と化した韓国が李承晩の本来目指した自由人の国になることを願っての憂国の書として刊行されたようである。

補足1: 次に印象に残ったのはプロローグ
2019.11.22
プロローグは嘘の国というタイトルで、嘘つく国民、嘘つく政治、嘘つきの学問、嘘の裁判について挙げている。そして韓国の民族主義には自由で独立的な個人という概念はない。韓国の民族はそれ自体一つの集団であり、一つの権威であり、一つの身分である。その集団心性は、隣の日本を永遠の仇と捉える敵対感情を持ち、ありとあらゆる嘘を作り広げるとある。そういう反日種族主義の巨大文化権力に目を覚ましてと立ち向かうのがこの本だと言っているようである。

補足2: 何でも勝った負けたで評価する心性
2019.11.24
韓国がGSOMIA破棄の凍結を22日発表したが、韓国の論調に日本の譲歩があっての決定だから韓国の勝ちだと言っている向きがあるようである。本来日韓あるいは日米間そして世界において調和と安全・平和の価値観で情勢を判断すべきところ、何でも対日関係で日本に勝った負けたが一番の関心ごとのごときものの見方をするところから抜け出ていない感がある。属国内の権力争いでもあるまいし、相手を貶めて相対的に優位に立てば勝ちという嘘の勝ちでも勝ちは勝ちという心性を捨て、自分を高めることに注力し相手を凌げば自ずから高い評価が得られるのに。(日本でも勝った負けたと言う人間やメディアがあるが、外交を勝ち負けで語る浅慮の土俵に乗らないようにした方がよい。)

補足3: GSOMIA破棄凍結_日本の譲歩があったからと
2019.11.26
日本が輸出規制を見直すと言っていたからGSOMIA破棄を凍結したと韓国は言っている。日本の発表はそう言う韓国の言い分と異なる。そしてその発表は両国政府がすり合わせたものということである。韓国は行政府と大統領府のどちらが日本とすり合わせたのか。行政府と大統領府の連携がうまく行っていない感じは従来からある。私の印象では、行政府が日本とすり合わせその内容を大統領府が聞いて都合よく解釈して発表したのだが、失敗した米朝のハノイ会談前に両者を取り持とうとして文大統領がやったような立ち回りを行政府がやった可能性がある感じがする。そして文大統領とそのとりまきに危惧を持っている行政府が意図的にそうしたのではないかという気がしている。


(関連記事)
屋久島方丈記・偏見ご免のたわごと編:
  No.383  慰安婦合意は韓国の日本への公開証文でもある  (2017.01.09)

  No.554  一度ウソをつくとあとが大変_辻褄合わせに苦しむ  (2019.12.06)
. 
 
 
back
「My logbook : 屋久島方丈記」は、「 My logbook : 屋久島生活の断片」の
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 の 継続版です。
My logbook : 屋久島生活の断片」の ご案内
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 (2010.05.31までの記事)
屋久島釣り場案内
妻関連の「SpinCom」と「SpinCom Gallery」