My logbook : 屋久島方丈記 
Home > backnumber目次 > 記事  
  日誌編  ・ 偏見ご免のたわごと編  
  たわごと編: No.564
 
  2020.02.07 新型コロナウィルス_WHO事務局長に違和感  
 
  WHO事務局長と習近平主席の会談のテレビニュースを見て違和感があったが、その後のネット記事や報道解説番組などでも事務局長がウイルスを拡散させた中国の提灯持ち見たいな態度を批判的に見ているものがあって何となく腑に落ちた。中国がWHOに対して緊急事態宣言を出さないように圧力をかけていたという見方も出ていた。

こういう情報を見聞きすると、国際機関をどこまで信頼すればよいのかという疑問が出て来る。私としては一応の包括的情報に基づく見解はそれなりに事実と齟齬のない範囲で出されてはいるが政治的影響を受けた表現になっていると考えて、外交的発表を日本としてどう解釈しどう対処するかについて独自に判断するしかないように感じている。そしてそれが出来る情報収集分析態勢と対処態勢を日本としては日ごろから整備しておかないといけないと思っている。

こういうことは、自衛艦の中東派遣でも考えさせられたが、派遣は憲法違反だと言って反対を叫ぶような人たちの情報収集分析態勢はどうなっているのか気になってしまった。私は日本に原油を運んでくるタンカーの運航に支障が出るという問題を脇にどけておいて、ただ憲法に反していると政府を批判しようとするいわゆる活動家の主張だけに頼ってそれに追随し行動しているような行動をしている印象を持ってしまった。

いわゆる中国はどこに相当するのか分からないが、違憲を煽る活動家がWHOで、自衛艦がコロナウィルスに晒された社会で、反対集会に集まった人たちがWHOの言うことだけを聞いてコロナウィルスの脅威に立ち向かう可笑しな日本になってしまっていると相似的に見えたのである。

ところで、まだWHOは中国に好意的ではあるが、それでもコロナウィルスの被害拡大の事実を前に緊急事態宣言を出した。中国も内容は不明だが初動対応に不備があったと認めた。そういう状況を踏まえながら日本はWHOのいろいろな情報を参考にしつつ対応は進めているようである。しかしもう巷にコロナウィルスは広がっているかも知れない。水際対策だけに注目している感があるが、一般市中での感染対策にも手を広げて行く必要があると言っている医療関係者もいる。日本として対処を誤まらないで欲しいものである。

. 
 
 
back
「My logbook : 屋久島方丈記」は、「 My logbook : 屋久島生活の断片」の
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 の 継続版です。
My logbook : 屋久島生活の断片」の ご案内
日誌編 と 偏見ご免のたわごと編 (2010.05.31までの記事)
屋久島釣り場案内
妻関連の「SpinCom」と「SpinCom Gallery」